インクリメンタルな日々

精神障害(双極性障害II型)をかかえるヤドカリが、日々のどーでもいいことを書き綴っていくブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

量子論の不思議

昨日、「アメリカ最優秀教師が教える相対論&量子論s」
というブルーバックスを買って、
昨日のうちに、読み切ってしまいました。

相対論の時間の遅れの式の導出や、
ハイゼンベルクの不確定性原理
(ΔE・Δt > h/4π)
によって、真空から質量が生成されるプロセスの説明など、
なかなか、面白かったです。

ただ、やっぱり、所詮ブルーバックスはブルーバックス。
あまり、突っ込んだ話は、出ていませんでしたね。

読み終えて、一つ、疑問が持ち上がりました。
「電子銃で電子を、スリットを通して、スクリーンに衝突させると、
電子は波動関数の二乗に従った確率で分布する」
というの事実があるのですが、
もしも、そーっと、スリットを取り除いたら、どうなるのでしょう?
この場合、百発百中でスクリーンの中心に命中すると考えられます。
しかし、電子君は、「スリットが存在するか否か」を
どうやって見極めているのでしょうか?
もーれつに、疑問です。

こういう疑問は、一体、どこに投げれば良いのかな?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ostrea.blog129.fc2.com/tb.php/574-c2c6d245
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。