インクリメンタルな日々

精神障害(双極性障害II型)をかかえるヤドカリが、日々のどーでもいいことを書き綴っていくブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電子の粒子性と波動性

量子力学の問題について、
思いっきり、わけ解らなくなっています。

電子銃でスクリーンに電子を打ち込む実験をするとします。

まず、電子銃とスクリーンの間に何もない場合。
電子は、百発百中で、スクリーンのセンターに命中します。
すなわち、電子は粒子として振る舞います。

次に、電子銃とスクリーンの間に、スリットの入った壁を入れた場合。
電子は、必ずしも直進せず、
スクリーンのセンターを中心にある程度広がりを持った弾痕を残します。
すなわち、電子は波動として振る舞います。

ここで、疑問です。
電子は、スリットがあるか否かによって、
その振る舞いを変えているのです。
言い換えれば、電子は、スリットの存在を感知している、
ということになるのです。
こんな、奇妙な話はありません。

こういう疑問って、一体、どうすれば解決するのだろう?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ostrea.blog129.fc2.com/tb.php/576-c4bee1b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。