インクリメンタルな日々

精神障害(双極性障害II型)をかかえるヤドカリが、日々のどーでもいいことを書き綴っていくブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地獄の苦しみ

「地獄の苦しみ」って、どのくらい苦しいのだろう?
などと、意味不明な疑問を抱いていたりするヤドカリです。

キリスト教の教えでは、キリスト・イエスを信じない者は、
すべからく、地獄へ投げ込まれるそうです。
そして、自分は、イエスを信じない側の人間です。
それで、自分の行く先が、どんなところなのか、
ちと、疑問を抱いた次第です。

まぁ、居心地のよい場所ではないことだけは、確かでしょう。
だけど、どのくらい苦しいのか?となると、
少々疑問が沸いてきます。

人間の感覚というのは無限には大きくならないので、
苦痛もまた一定以上にはならないことが、予想されます。
しかも、同じ罰を受け続けていてると、
だんだん体がそれに慣れて、苦痛は小さくなっていくような気がします。
また、肉体を破壊するような刑罰は、体を再生しないことには、
繰り返し行うことはできません。
そして、再生をしている間は、苦痛から逃れられる、
ということになります。

従って、「地獄の苦しみ」と言っても、
実は、所詮、知れているのでは?
などと思ってしまうのですが、いかがなものでしょうか?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ostrea.blog129.fc2.com/tb.php/581-79caa4b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。